ジャガリコでミニトマトを室内栽培する変わり者

室内栽培を楽しむひと

いったい、いつまで降り続けるのか、さっぱりわかりませんが
これも自然です。
露地栽培もこれは、大変です。

そんな中、室内栽培をしている変わり者の小原君が来ました。笑
「十時さん、ミニトマトって2年育つんですか?」
また、わけのわからんことを言う子だと思いつつも、手にしているのは…ミニトマト

室内栽培でミニトマト

うん、奇麗なトマト…

うん、甘い

ジャガリコで、室内で、穴なしで、栽培して、甘くて美味い…
正直、そんなことやったことないから、「わからん!」の一言

「室内栽培を楽しむ:地遊村」と言って、ブログがあります。
そこに何か、書いているようです。
2年もののミニトマトがジャガリコで生まれる

彼なりに自然を楽しんでいるようで、何よりです。
こうも自然環境が、厳しくなると栽培するヒトも工夫に、工夫が必要です。
なぜか?を考えると我々にかえってくるわけですが、話すときりがありません。笑
できることを、できるときに、一歩一歩進むのみです。

ミニトマトの室内栽培

ありがとう

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr