限界ぎりぎりにツヨク生きるキュウリ苗の育て方

育て方にも色々とあります。
育て方の起源は、想い。「こうなってほしい」
お客さんのところで、元気に強く生きてほしい。
そこでは、どのような環境が待っているのか、わかりません。
そのため、ここでできる範囲の経験をさせています。

生命線に触れる経験

「あっ、もう駄目かも…」一番きつい状態を経験しておくことは、
自然と強さが備わるのかもしれません。

限界ぎりぎりのキュウリの苗

キュウリの苗です。
環境が厳しければ、厳しいほどキュウリ自身が、
どう生き抜くかを独りで真剣に考えます。
そしてその姿は、見る者にとっては辛い面も多々ありますが
成長姿は、自然と嬉しくも見えてきます。
それは、未来に生きる希望を感じられるからです。

未来へと通じる道

ツヨク生きる姿は、どこかに自然と魅力を帯びさせてくれるようです。
現代のことばで、表現すると「かっこいい、かわいい」かな…笑
表面に出てきます。
ところが、それを求めようとする現在は、
その表面に直接触れてなんとかしようとしています。
キュウリの葉に、光沢のでるものをかけてもどうにもなりません。
逆に、変な影響がキュウリの実自体に行きます。笑
表面も1つの手段ですが、一時的なもの。

ツヨク生きるキュウリ苗

芯にある内面を磨く

不思議なものです。そこから、どこからともなく
出てくるのでしょうか。機会(水)を得たときに、更なる進化を魅せます。
はて、どうしてか?生き抜くうえでの「一生懸命さ」は、
自然とそうさせるのかもしれません。

自分自身に触れる機会というものは、環境でしょうか。
環境という面を社会として捉えるのか、身の回りにある「今」として捉えるのか。
未来のことを感じ、考え、何の為に、どう生き抜くのか。
未来を考え、生きることなのかもしれません。笑

感謝

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr