植物たちの姿勢

季節の変わり目…大分市内にも雨が…
山の方では、ちらほら

キュウリ苗

植物の声

対話

声は、聞こえません。笑
声を聴くというよりも、自分の目で視ること。
生き方を視ることは、より近いところに出逢えているのかもしれません。
真でしょうか。それは、植物自身にもわからないもの…なのかも。

そこは、平静のせかい
暑さ、寒さ、豪雨、猛風、となかなか落ち着かない天候
「和やかな日」そのときは、一体いつ出逢えるのでしょうか。
いつでも、ここのどこかには、あるようです…

「喉がかわいた」「水をおくれ」と聞こえるのか
「まだ、まだやれる」「大丈夫だ」っと聞こえるのか

その目の前のものは、生き方そのもの

わかっていることは、共生しないと死んでいくということ
でも、それは、ほんの一年のお話。そこには、新たな種をつけ、次の世代へと
何かを積み重ねているのではないかと….

その何かは、感じ得るもの次第

何のための共生であるか

いい暮らしがいいですね。笑

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr