紫草栽培

紫草の鉢上げ

時間は、あっという間に、11月間もなく、12月 紫草の鉢上げをしました。 両輪で進む 天候が、天候なだけに色々と動き、変わり、続けています その変化は、進化か、否か 片輪で進むには、それなりのバランス(舵)感覚が不可欠に …...

» 続きを読む

紫草の生き方とその原点

ほんのりとお日様が和らいでいるようです雨は、降りませんが…お天道様 紫草 どうしてそんなにも、そうでいられるのか。そんな姿でいられるのか… こんなにも暑い、あつい日々が続いているのにそれは、かわっ …...

» 続きを読む

自然体の紫草が魅せる自然美

日々の積み重ねであり年々に進化する紫草 自然となぜ、なぜなのかと疑問が魅力の佇まいを帯びている紫草きっとそれは、日々の積み重ねなのでしょうが、その年々をみても「これって、同じ植物ですか?」と思わせます。 自然に生きる自然 …...

» 続きを読む

東大寺二月堂とつながるご縁

東大寺二月堂 お水取り 久々の更新。すみません。 紫草とのご縁から12-13年でしょうか。お声がけ頂いて、隆治がお水取りの機会に出逢いました。ありがたいことです。これは、東大寺。お水取りは、二月堂で行われます。 752年 …...

» 続きを読む

育てられる人育てられない人

植物は環境を視ている 環境とは、その植物にとって取り巻く周囲。我々、人間もそのひとつ。大きなカギを握っています。 育てられる人は、植物を視て、植物を学び、自分自身をも学んでいます。育てられない人は、その逆。植物を視ず、学 …...

» 続きを読む

優しい光に包まれる紫草

自然と優しさを感じさせる紫草 どこか、自然と優しさを生みだす紫草「なぜかって?」はて、なぜでしょうか。自然とそんな空気をまとう紫草なんとも言い表せません。それが、紫草なのかもしれません。 背筋がピンっとした姿が目に焼きつ …...

» 続きを読む

紫草の根紫根の色

紫草発芽しています いつ、いくつ、発芽するのかわかりません。お任せ 自然体です 小さな小さな芽ですが、紫草の根、紫根(しこん)は、色がつきはじめています。 紫根(しこん) 芽が出たばかりですが、根を見てみました。生き生き …...

» 続きを読む

地に生きる紫草の芽

自然と芽が出始める 自然の地に生きる紫草 紫草そのものが自然体 発芽にしても何が、正しくて正しくないかなどありません。自然体。自然に芽が出てきたら、それが第一歩 もしかしたら、明日には生存していないかもしれません。無理な …...

» 続きを読む

紫草とのご縁

紫草の芽 水が切れていたので、水を少々 縁あってか、時より話に出てくる紫草・・・地に生きる 生き方 東京渋谷では、映画が放映されているそうです。多分、下の内容だと。劇の次は映画「紫~色に魅了された男の夢」この映画は、去年 …...

» 続きを読む

生き生きと生きる紫草の姿

なんとも浮き出たような感じのする姿 4月4日の時点でこのサイズでした。 その昔の日本に問う その昔、空の色はどんな色だったのですか? その昔、空気はどんな匂いが漂っていましたか? その昔、水は、どのような色でしたか? そ …...

» 続きを読む

2012年4月の春紫草の芽が空へ伸びる姿

地からのびあがる紫草の芽 小さな芽が、徐々に大きくなってきました。春の暖かさを少しずつ、感じ始めているかのようです。 ポット栽培していた紫草を地に植えました。植えてから冬を越え、春を迎えています。 暖かさをいっぱいに感じ …...

» 続きを読む

春の芽生えと自然に生きる紫草

足元にはもう春が・・ 時より、足元を見てみてください。春が少しずつ近づいてきていますよ!昨日から一気に、緑が太陽光を吸収し始めています。 足元をゆっくり覗いてみると・・・ つくしが出てる(上の写真↑)ところが、少しボケて …...

» 続きを読む
1 / 212
  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr