紫草の生き方とその原点

ほんのりとお日様が和らいでいるようです
雨は、降りませんが…お天道様

紫草のいきかた

紫草

どうしてそんなにも、そうでいられるのか。
そんな姿でいられるのか…

こんなにも暑い、あつい日々が続いているのに
それは、かわっているのか、いや、かわっては、いないのか。
周囲の天候は、かわりにかわる、生き物、紫草たちは、そこにいきるわけで
それでも、どんなときでも、魅せる、姿は、おかわりなく凛といきている

そこは、自然に、平静
おかわりなく、普段に在れるのは、何なのでしょうか

  • なぜ、むらさきなのか
  • 紫草の高貴とは
  • そのいわれとは

紫草の姿_aug8

原点とういう普段

その時代や歴史に、いきた、いきてきた生き方を通して
今の姿がある

ほぼ万能薬に近い、紫草。その時代に重宝されていた、紫草
はて、なぜか。

どこか、この現代は、混沌とした一面と不自然な一面を目にします。

どうありたいか、どうしたいかは、きっと皆原点は、同じに…

赤子

無垢に、無邪気に、視線を集める赤子
言葉もない。あるものは、表情。
日々を重ねることに、言葉を身につけ、生き方を身にまとう姿は、
自然体に、ただただ柔軟に

かわらない。おなじかもしれませんね

生命の原点は

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr