時季に機会に植えるとき

五月です。皐月(さつき)..言われでは、早苗月..さつき..と。

当帰(とうき)ナスの苗の葉

どこか冷んやりとした空気が、漂っている五月
自然に、不思議と混沌も..

植物たちもその変化、不安定に、道をさ迷っています。
不思議なもので、それ相応にも..

気温です。いつ、どのタイミングに「背伸び:成長」すれば..良いのか
日中は、暑さに、極端で、まいりますよね。

いきぬく紫草

それでも

いきぬく植物たち

そう、かわりは無いようです。笑
双方に、できることは、知れています。
「一つに、1つ」の連続。生命、自然との対話。

要領は、あれど、一つと1つには、かわりようのないこと。笑
自然とその術を見出すも、自然には、一体として身体に沁み入るようです。

紫草の背筋

向き合いよう

その場とその先

季節に、時季に、混沌と右往左往とあるのも、実は「その先への機会」
気づくと、気がつく。すると、先も開けていきます。

「自然に洗練されていく」ということでしょうか。笑

一日、雨の大分です。
どのような雨か、どのような雨へとするのか..笑

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr