自分自身の心地や意思に触れる環境

天気が不安定ですね。う〜ん、これが自然であり、試練でしょうか。
何かを言いたいのでしょうね。

自分自身にある心地よさ

自然と自分自身に問いかけてくれるような存在や環境

ありますか?

紫草の花と0214年夏

何かとご縁へとつながる紫草…
そこには、どこからともなく、自然と湧き出てくる「感謝の心」
う〜ん、これは説明しにくいかもしれません。笑
自然と優しさで包んでくれます。
それは時に、厳しく、そして厳しく、そっとさりげなく優しい厳しさを与えてくれます。笑
いやいや、試練に試練。
いや、自然と次なる力として身につける事ができている
自然と人間の成長とは、差はなく、人間が忘れていっているのではないの?っと
ささやきます。笑 なんてね。

ニチニチソウと2014年夏

意思に触れる環境

最終的には、自身で触れるしかないわけですが、環境がそうさせるわけです。
環境とは、
今生きている日常、一日がすべて。
どこで、だれと、なにを、どうすごしているか。
とても当たり前すぎて、それが何か、と考え直す機会、
場所は、なかなかあるようでありません。
変化、速度が早すぎるからでしょうか。どこか人間さんが追いついていない?笑
自然は、何にせよ受け止めてくれますから
問いかけてみてはどうですかね?ただし、応えは出してくれませんから、
自身で生み出すしかありません。

自然は、優しいようで、厳しいですよ。笑

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr