紫草の染織に自身と出逢う

季節が育む色合いのひとつ

紫草(むらさき)
その昔に出逢い、この地に出逢い、育み育まれていた紫草
向合う面が、日々に濃くなっていくように感じています。

心を写す紫草

紫根2016年生紫根2016紫草を染めるシルクに触れる桜色をまとうシルク桜色に生まれる紫草紫に染まる初回に染まる色合い

桜色に生まれ、大地の灰と共に紫へと…

紫草染め柔らかく染まる静かに染まる紫草自然に馴染む色合い

静かに、水に、風に、人びとに沿い、ゆっくりと紫に染まりはじめます

紫に染まるシルク紫草染め2016色に染まる紫乾いた紫草染めの姿

水、乾き(空気)、人の手、自然体に触れ姿を魅せる紫草

機会に感謝
この機会が、永久でありますように

染めにご協力頂きました皆さま
大変ありがとうございました

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr