強く自身のペースで生きるペチュニア

ペチュニアが強く生きる源

ペチュニア自身と根が得る黒土の力

大きくこの二つ

ペチュニアのペースペチュニアの力

左の写真は、9月末に撮った写真
成長すると背丈が伸びてきますので、一度タイミングをみて
サックとカットします。

サックっとカットする

こんな感じに…

きれいに丸刈りされているものやもう枯れてしまっている?のでは?
と感じてしまうものも一緒にしています。

個々が持つ可能性を引き出す

なんでもそうかもしれませんが、教えよう、伸ばそうとしがち。
ところが、自然は、自然と「教わらず」とも「伸びる」ところが、
このごろの社会は、植物や人間の成長速度を超越しているかのようです。
なぜか。わかりませんが、人間がそうしてしまった。ということですね。
自身にあるということ。
あっ、つまり、待てない、耐えれない、見守れない。ということ。
経済、生活ですね。お金?その辺が、ジリジリと生活感を窮屈に。
そんな感じがしています。

個々にある個性は、自身のペースがある

個々に伸びるペチュニア

遅れても関係ない

それぞれが、今を力一杯生きているだけ

隣の芝は、隣の芝です。
自身がどうであるか。それで良いのかと…笑
良いも、悪いもなく、ただただ、楽しんでいるだけです。笑

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr