市販のトマト苗と培養土で苗の成長を比較

プランター栽培でトマト苗を育てる

やったことがない。やってもらったことがある程度です。笑 ↓↓

黒土の力と一般培養土との比較

少々、時期は異なりますが、まっ観てみましょう。

市販のトマト苗と培養土で黒土の力を比較

右手のハシにある黄緑色が市販のトマト苗です。
それと市販の培養土に植えています。
なんでも早ければいいと言うものでもありませんが、なぜ早いか。
なぜ、遅いのかを苗・植物を考えてあげてみてください。

人間で考えてみると…
どういう時が、「動きたい気持ち」になるときか。
どんな時に自然と体が動いているのか。
う〜ん、と考え込んでしまうかもしれませんが、意外と足元にあるものです。

「”動きたい”と”感じたとき”」です。笑
苗や植物や人間が、その「動きたい」を感じたときが、動くとき。
感動しているわけですね。
あ〜で、こ〜で、と思考することはなく、そのときの心情を汲んでみてください。
とても簡単なことなのですが、
どうも頭が良すぎるのか、あれこれを浮遊して、あれ?っと
頭を使う、体を使う、何も使わないで、時々を純粋に感じてみると
気持ち(自然の動機)に触れられるのかもしれません。

トマト苗のサターンと黒土

十時花園のトマト苗(サターン)と黒土の力
黒光り?笑
色が、違うものですね。黄緑色が市販苗。面白い

体感、体感です。

感謝

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr