プランター栽培のミニトマトの視点

苗は、2つ植える

苗、野菜にとってのびのびと成長できる空間が、大事
根が自由に動ける空間を確保する。
ウチの苗は、3つも植えてしまうと窮屈感が出てきますので、2つが程良い。

プランター栽培でミニトマト成長中

水は、適度に

水を与え過ぎたなっと感じたら、その分切らすぐらいの気持ち
トマトの原産をたどる
すると石と石との間に目を出し、水分の少ない荒地に実を付ける

環境に厳しさを

強い優しさが、不可欠

甘い優しさは、かえって為にならない。
環境を整えてあげる
育てている野菜、植物によって様々です。
原産国を知るように心がけています。

厳しさに生きようとする強さが、生まれる

水の切れを感じ始めると水のある場所を求め
根の動きが活発になります。
ただし、節度が必要。
苗自身、植物自身の力を引っ張り出します。

葉が焼けない、息が絶えない頃合いを見て
手を差し伸べる
ぎりぎりの感覚ですが、そこに強さやうま味が隠れているように感じます。

生きものの視点

感じてみてください。

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr