餅は、餅屋が生み出すもの

旅立ちのとき

餅は、餅屋

何事にも専門家がいる。任せよう。そんな意味。

その道を歩き、走る。
そこではその道が選択され、興味を抱き、気がつくとその場で歩き始めている
好きなのかもしれない。いや、嫌いなのかもしれない。
その道の上で体が自然と歩き始める。

興味があると自然と体が前のめりになる。
なぜでしょうか。心が自然と反応するのかもしれませんね。
花々も太陽の光に顔を向け、光だけでなく色々なものを吸収しています。
自然と太陽の熱に引き寄せられるのでしょう。

自ら一歩前へ

備えた力は、使わないと損です。
ところが自分自身では、その力の存在に気づきにくいことが多々あります。
また、環境にもよります。環境です。環境。
「気づくこと」また、それに触れられる機会があるということ。
素晴らしくないですか。ときには、痛い、悲しい、さびしいこともあるでしょう。
また逆に、うれしい、楽しい、エネルギーと出逢うこともあります。

バランス

ずっと+だといい。
ところが、そうはいきません。どこかの場面で、-の機会と出逢います。
はたしてそれは、+か-か。すべて、自分次第。
今すぐには、+と感じ取れないかもしれません。
10年後は、どうか。

切磋琢磨

互いに、引き伸ばしあう。ある程度の懐で、痛いところを掴み、引き出しあい合う。
すると新たな化学反応が生じてくるように思います。
環境でしょうか。
自然だけでできるものではなく、人と自然とが共存するところに
自然体が生まれてくるのかもしれません。

ここへ、遊びに来ませんか?

原点(黒土)と連携しませんか?

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr