限りなく自然体 風が走るハウスで栽培

気温の変化が激しい

朝一、夕方時期とお天道様が出ている日中の差が、とても激しいです。
この差は、人間にも厳しく感じてしまうということは、植物たちも同じ
例えハウス内に居たとしても、ウチでは、完全保護ではありません。

完全保護でない・・・という意味は

栽培環境を常に保温、維持管理しているわけではないということ。

ひとつ一つ花摘みのお手入れ

栽培環境は限りなく自然体に

ハウス内ではありますが、大抵横が開いていて風が走ります。

風の通るハウス

旅立った環境で生きる為に

ここで栽培している環境が甘すぎると良くありません。
このハウスの環境を旅立つと再びハウスで過ごすということは、あまりありません。
外の空気、自然環境に生きます。

自然環境に耐える事ができるか

厳しい自然環境を生きていく

冷たい風、冷たい空気、暖かい風、暖かい空気、偏り過ぎるのも良くない。
将来、どの環境で生きていくのか。
体力が、不可欠。
力強く、育つように、この冬が越せますように!

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr