妙に凛々しい姿勢を身にまとう紫草

なぜかわからない育ち方

栽培をしていて視ることができているのは、全て結果
見た目です。が、栽培をし続ける中に、日々が積み重なり、
年月を得ると見えてくる育ち
そんな妙な姿を魅せる紫草

妙な紫草

どうして曲がらないのか?

曲がるものも…やはり、ある

話を戻す.と..年月を重ねると見えてくるものとは、
その生き方、育ち。見ているのになぜか、妙に凛々しいのは、どこから来るのか。
一言でいうと「変化の連続」つかみ所の無い育ち、生き方が物語ります。

2015年紫草の花

そんなもの

そこで、そのときに、何をどのように感じるのか。
十人十色。

姿勢は見えるようで、みえない

特別そこに深く、触れない何かがあるような…っと、考えても仕方がありません。笑
実は、その紫草自身にとっても、「ん?なに、なに?どうした?」という
当たり前のことであり
一日、一日をただただ切に過ごすだけ。
「何も、飾って、大した事したことないよ」
あれ?どうして?その姿から生まれてくる魅力は、いったいどこからか?
当たり前の基準値の高さでしょうか。
それとも「なにもない、変幻自在に生きる」こと?
わからない生き方をわからない成りに、一生懸命、歩み続ける日々。

日々なんでしょう

晴れ間が、みえてきました。
雨から晴れ間へ、植物たちも大忙しです。おかげさまで…感謝

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr