紫草と地に願う想い

紫草と地に願う想い

紫草の生き方

なぜ、絶滅したのか。

なぜ、絶滅危惧種にまでなってしまったのか。

生きる紫草

生きていくことができる環境でなくなったから・・・

ただただ、それだけなのかもしれません。
生きていけない環境・・・
なぜ、そんなことになるのか。何が、そうさせたのか。
自然環境がそうさせた…自然環境の範囲はどこまでと思っているのか。
我々の存在は、自然環境の一部と意識して環境に生きているだろうか。

地の恵み、自然の恵みが食につながる

大地の力が、食べ物を生み出す。
それは、動物たちも同じ。この地に生きるすべてに力を分け与えてくれる大地の力
紫草の生き方を見ていると自然と背筋がピンとなる。

地に生きる力と向き合いなさいっと・・・

紫草の根の色

自然と生きる

自然体でいい

逆らわない

自然と出てくる自分を受け止める。自分自身を感じる。

上の写真は、紫草の根です。そう紫草の根は、紫色です。
これが自然の色。不思議ですが、これが自然体。
鮮やかな色です。濃さ、透明感、なんともいえません。
どこかありがたさを感じてしまう。なぜでしょうか。
理由なんてありません。ただ、そう感じる。
「この地に、生きてほしい」
生き続けてほしい

そのためには、それなりの姿勢や環境が必要になるのかもしれません。
その日まで、紫草と生き続けます。
感謝

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr