厳しき自然に鮮やかに咲く

厳しき自然に咲く

厳しき自然

その中でも、どこか優しく鮮やかに咲く花
周囲の環境には、誰が居る訳でもなく、支えがあるわけでもありません。
いつ晴れるのか、いつ雨が降るのか、あることは
それらをただただ、受け入れること

優しい色合い

優しき色合い

自在に生きているということでしょうか。
一体その環境からどのようにして、その色合いを出されるのでしょうか?
そこには、何のための色合い?という意志はあるのでしょうか。
特別あるわけでもなく、何も無いのかもしれません。
わかっていることは、自身の生命の期間ぐらいなのかもしれません。
次に芽がでるのか、花(自)を生きることができるだろうか。と

自然は、色々と魅せているようです。感謝

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr