生きるエネルギーは、どこからか

生まれるエネルギー

生まれるエネルギーは、どこから

小さな種が、土に包まれ、ひと時経過すると「ポン」っと
生きた芽が伸びてきます。
あれ、いったいそこの種には、どんなエネルギーが隠れているのか・・・

なんて考えたことありませんか?

あまりないかもしれませんね。笑
・・・種にエネルギー・・・?
核は、あったとしても種自体そのものは、買うと袋に入ったまま、ですよね。
そう、そうなんです。種自体、そのものからは生まれてきていません。

周囲の環境が生み出すエネルギー

種が動き始めるのは、土の中に包まれ、光を浴び、体内にしみこんでくる水分が
核に届き、ドクドクと鼓動が動き出すのでしょうか。
種、土、光、水、空気が整ったときに、すべてが循環しはじめます。

成長とは、環境

単体そのもの、一人では、それなりの力でしかない。
孤立してしまいます。植物も人と似ていて、同じ。
取り巻く環境によって、成長エネルギーが異なると思います。

環境は、変えられるのか?

「変えられる」と思いますか?

「変えられない」と思いますか?

まずその分岐点は、目に見えるところには、あまりないような気がしています。
辺りを見回しても、なかなか見つからないところ。
環境は、周囲ですが、真意は、自分自身の中。
社会の中に居ると周囲ばかりに目が行きます。
自然と触れ合ってみませんか?
問い掛けてもパンっと答えは、出てきませんが、
受け止めてくれることは、自然と自分自身に帰ってきます。
要するに、自分自身で考えとおすことができるのではないかと…

自然体がいい

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr