辛さと楽しさは生活のハーモニーを奏でる

自然に生きるたんぽぽ

うまくいかないとき

「うまく育ちません!」
原因がないわけでもないのですが、追究できないときもあります。
その時には、視点がなくても、あるときにはある。う~ん、なにそれ。
ですが、そういうものかもしれませんよ。

絶えそうな苗

「辛さ:苦」があるから、です。無いと「楽しさ:楽」は、存在していない?

育てられない、育たない。100%育てば、それはそれで良いのでしょうが
そんなこと振り返ってみても、100%ってなかなかないでしょ?ある人は、最高です。
そのまま行ってください!

生活のハーモニーは、どんな音?

どんな音にしたいかでしょうかね。

うん、次第では、どんな音にでもなるが、いいかな。
奏でるのは、その人次第。
我々も支えることはできても、それ以上はできません。

楽器の選択は、みなさんです。

道の先に咲くたんぽぽ

すっきりとしない、音が出ないときもあるでしょう。
でるときもあるはずです。そのときに、開けて見えてくるモノをしっかりと
目や心に焼きつけてください。
その先にある曇り空もあるでしょう。そういうものです。
耳元をざわめく雑音とどう生活するか。
その雑音は、消えないでしょう。そういうものかもしれません。
自分自身が奏でる音を高める。自分自身が生み出す音に耳を澄ます。

その先に、調和のとれた音がバランスよく生まれてくるのかもしれません。
ところが、あるとき、またまた音が濁ります。「成長しなさい」っとね。

後ろを振り返ると濁った音は、常に追いかけてきます。
立ち止まらないこと。続けること。進むこと。
自然は、日々それを教えてくれます。

互いに、自然と耳を澄ませましょうか。いい音が聞こえてくることでしょう。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr