春風に立つ新たな産毛

九州は大分。
昨日、日中の温度が20度近く
夜は、風が強まり、豪雨に稲光
四季というよりも時代を映す自然のようにあります
なんとも穏やかでない姿は、はてなんとやら

植物の春姿

自然に在る

その中でも、それらしく在り続ける自然、植物たち。
「ん?何かあったの?」
「仕方がないよね」雲や雨、空気や風…
空って、空気が上がるわけで
どこからかって、大地
時に、我々は、自然の都合だと自然任せ。自然だからと…笑

上をみても…。起源は、大地なのかもしれません。
大地って…そう。笑
日頃の生活空気

その最中でも植物たちは、たくましい限りです。凛と立ち。「なんのその」
その時、時季しかありません。「構ってられない…」
あっという間です。

あたたかくみえます

天候とは、上手く書いたものです。
候:物事の状態。それを知る手がかり。きざし。

さっ、やりたいことでも整えますか。

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr