発芽後ポットへ移植している様子

発芽したら9cmポットへ移植する

種蒔き後、発芽します。
種蒔き用の容器があり、芝生のように
その種蒔き用の容器が覆われます。
覆われたら、植物たちにとっては、窮屈になるので
より大きく成長してもらうために、ポットへ移植します。

発芽後ポットへ移植している様子

9cmポットへ黒土を入れる

ふっくら黒土を9cmポットへ

今回、移植しているのは、パンジー
発芽後の様子だけだとピンときませんが、
慣れの問題。笑
一つ一つ、種蒔き用の容器から1つを間引き、ポットへ移植します。
間引く役と移植する役の二人

そして、黒土をポットに移す役。

ある程度のところまで、1連させる。

キリのよいところまで、やんないとね。笑
母ちゃんに怒られる。笑

9cmの黒土ポット
ふっくらしていて気持ち良く、パンジーをそっと移植します。

元気よく育ちますように!

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr