野に生きる草花が輝く心地

人間の手には、一切触れられていない植物たち

野に咲く草

野に生き輝く姿勢

誰の手にも触れられずに、ただ見守る自然
自然は、雨を呼び、太陽が注ぎ、台風が走り、風が一掃します。
甘さは、つかの間の休息にふと現れ、日々は、厳しき自然

植物、生き物たちは、純粋に今を生きることに全てを注ぎます。

一生懸命

周囲が、どうこう一切気になりません。今日がどうか。明日がどうか。

野に咲く花に蜂

輝きは、命に生きるとき

わからないが、わかるとき
それは、ほんの一瞬
わかると…また、わからないトンネルが続きます。
命に生きるとき…輝きはじめます。自身には、わからないかもしれません。
そういうもの…とまることはなく、機会は日常にあり
巡り合わせ…
気づく、気づかないは、生活という私中でしょうか。

乾きに生きる紫草

感謝

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr