見た目にわからない自然に触れる

この実験も終焉です。笑
ベビーリーフの空き缶栽培で、気づかされてきたことに
市販の土を生かす黒土..と出逢いました。
写真、見た目に見えてくる姿は、それなり。
「それなり」は、それなりに見て感じた印象の通り

  • 元気(発育良さ)そう
  • 美味しそう
  • 大きさ(大小)

感じ得かたは、様々

ベビーリーフの発育

写真右側が、黒土の力20%と市販の土80%

市販の土を生かす黒土の力

体感してみる(食す)

何人かの方へ、食して頂きました(黒土の力100%と黒土の力20%&市販の土80%)

  • エグミの有無
  • やさしさ
  • 野菜の味

差がありました

その差は、個々にあり、その差をどう感じるのかも様々です。
「正解も不正解もありません」わかるものは、そのものを感じてみたときに
「自身に感じたもの」と遭遇します。

それは、自然や不自然という境(感覚)があるようにも感じます。
情報、知識が巡りまわり、ときにさまよっている様にも見受けられます。

また、天災か、人災か..と
事の区別に、気づき感じ得られるものがあるのであれば
それも必要なことなのでしょう..。

そこから..

だから、どうする。気持ちに..
様々に、物事の数や大きさを求め過ぎていたように感じます。

自然を感じる

自然を感じてみる..

何が、自然で、不自然なのか..
何かが、腑に落ちる..とき
その落ちた時に、感じ得ている感覚とは、どのようなものなのでしょうか。

いま、この瞬間の自然は、自然(自身)らしく在るところから、
自然との暮らしに、育まれています。今も昔も..
自然界は、そのままに。
我々の脳裏が、大きくなり(退化し)過ぎてしまったのかもしれません。

おかげさまに、きっかけと遭遇しました..

普段に、やることでもやってみます。笑

Posted in ニュース and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr