自然を楽しむ心に触れる機会

ポットでトマト苗を栽培中

以前、種を蒔いていたトマト。
徐々に苗らくし、育ってきています。

うん、薄い毛が、ピンピンと立って、色合いもしっかり
力強さを感じ取ることができます。
だから、今年は、良さそう。うん。

昨日は、地遊村の小原くんが来ていた。
彼と会って話をしだすと止まらない。笑
大抵行きつくのが、自然と心のお話。

自然体が必要なとき

「黒土の力」を通じて、伝えたいこと。
売りたいというよりも、「伝えたい」が大きい。
自然というものが、いったいどういうものなのか?
自然を楽しんでいると自然と自分自身を感じ得ることができる。

自然と触れ合うことで、自分の中にある楽しむ心と通い始める。

そんなときヒトは、「生き生き」と生きる気がします。
自分自身に個性を感じ、楽しさが表に出てきます。
そういう時は、見ていればわかるものです。
そう、不思議とわかるものなのです。

無邪気

子供たちにある無邪気な心。
なぜか、大人になると使わない言葉。いつのまにか消えてしまう。
ところが、大人の人にもそんな無邪気を感じるときがあります。

楽しむ時、笑みが自然とこぼれるとき

自然体がそこにあると思うのです。

みなさんの自然体を感じるとき、そんな時を共有できると嬉しい。
喜んで頂けると嬉しい。そんな思いで、黒土の力をお届したい。
と、小原君と会話しながら、現在地を確かめあいます。笑

力強さを感じるとき

自然を楽しむ・・・自分を楽しむ・・・自然を通じると通じ合える気がします。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr