地に生活するは地と生きる

どこから耳にされたのか、気にかけてくれるこの土地に住む方々

ありがたい

地と対話する

この土地に、生活し数十年…
共に生活している

それは、自身の時間だと数十年…という単位
ところが、その時代をさかのぼると数十年どころか数百年へと自然と至ります。
自分の時間軸だけでない時間

秋風と千歳町

地は、生きるヒト

自然にかわりないヒト
この地に生きるヒト
ヒトが、ヒトに出逢い自然に目や耳に入る生活
自然と気になり、自然に言葉に出てきます。
これが自然で、自然体なんでしょうか。
ありがたいことです。感謝

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr