天候を生き抜く自給自足

天災か、人災か..

国土は、鑑のように自然。その気持ちを映しだすようにも見受けられます。
生き方に、とりかたも自然と厳しいか、否かは、自由自在..

自給自足に、食卓菜園

生き抜く、生きる、生命は動いている..止まっていないことが
目の当たりに、生じています。はて、どういう意味を感じるのでしょうか。

「いま、できることを..できるところから..」
自然をみるとこの時季に、竹が茂っています。
また、風も冷たい。山々が水を含んでいるということでしょうか。

言葉に、真実は時代に見え難く
自身の目に、実感に、感じること、判断すること

実に、触れてみるところから..

3日目のベビーリーフ

タネをまいて、3日目

  • 青缶:市販の土(100%)と(80%-20%:黒土)
  • 赤缶:黒土の力(100%)

新芽に、差は感じられず同じですが..
これからどうなりますでしょうか?
観察です。台風のため、室内退避。

備える

身ひとつ

全ては、そこからはじまりました。
そこに、備わるものとは..。物資には、限りがある。
その時からでは、…と ↘︎ るのか。
「これから..↗︎..」と出逢えるように、備えられますよう

その身に、この身に..

Posted in ニュース and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr