光の射す方へ育まれいきるもの

雨の日の祭日:秋分の日

光の射す道へ

空に憧れる植物

空は、くもり、雨を降らし、素晴しく健やかに大地を包みます
その時の中にある大地に、根づき、歩く植物たち…
地には、根をはり、空には、芽を伸ばす…
そこには、何なのでしょうか?どうして伸びようとするのでしょうか?
見せよう、食べさせよう、周囲なのでしょうか?

花は、花として、食物は、食物として

個々にあるいきる意味

スカイハウスと光

なぜ、光のある方へ、光へと歩むのか

ひかりがあるから…

そこにあるひかりは、希望なのかもしれません
未だ見ぬ、その先への可能性…

千日紅という花

千日紅

どんな花を咲かせるのか…例え、
毎年目にする花だとしても、翌年には異なる表情を育みます
その小さな差異に、気持ちが隠れているのかもしれません
また、そこに、次なるステージなるものもあるのかもしれません
自然に、花に、いきものに

良い秋分の日を

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr