花の生活に花時計

花と生活する

ビオラの花

なければないで、生活できます

ところが、ふと思い込むと…あれこれと過ぎてしまいます。
その最中で、探している何かに、感じ得られるものを描き続けています。

時間

自身の時計

その時計の針は、自が軸にゆっくりと動き始めます。
どこに向かうというわけでもない周回を繰り返します。
自然と舞い込んでくる周囲に、秒針は巡り歩きます。
そこには、何をどうしようもできない。触れられない時間。
速度をあやまると目が回ります。
そこにもう一つの針。時針
その道に、自針との関わり、道が自然とあり回り続けています。

花時計

その道の先に、花を咲かせ、種をつけ、個々に咲かせる花々と出逢います。
どのような花を咲かせるのか、誰にもわかりません。

赤く咲くビオラ花の顔黄色いお花紫に咲くビオラパンジーの秋

個々に咲く花々に触れ、生き、環境を与え与えられ
バランスという時間を共有しています。
そのときの先に、らしい花を咲かせる。どのような花なのかは、そのときに。

良く咲くスミレ花々の色合い

感謝

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr