生き物にあるのか、命のペース配分

暖かさが、連日続き、寒さがやって来ています

ノースポール

ノースポールです

生き物、植物に備えはない

連日暖かさ続きました。10度の差が出るほどです。
植物、生き物たちにとってみれば、「春が来たか..」と素直に感じ
その日を「一生懸命に生きる」わけです。
つまり、その日その日が全力で、「あとこれくらい」あるから..と
命のペース配分はありません。

花咲くビオラ

ビオラです

今、その季節、その時季、その時が、いつも一番

その一瞬、一瞬

瞬間を生き続ける自然:植物

その環境に、生きる生き物は、それなりに生き生きと生きようとしているようです。
その1つ1つ、苗一つ、花一つ..
こうありたい..の願望から、そうあり続ける瞬間を生き続ける..自然は
色々と変わり続けては、変わらない姿を魅せてくれます。
ありがたい事です。

その環境は、日常の形成にあって、スイッチのようにはいきません
「花々、生き物たち」に、生き生きと生きて欲しいその時の環境(土、水、空気、人々)は、どうあるべきなのか..

ある時、ひと目にした時「わ〜っ」と映し出される居心地のようなもの..

言葉には、なりませんね…笑

千歳町の空色

春は、すぐそこに..

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr