バジルの森を散髪する

バジルの森

バジルを大きめの5寸ポットで栽培しています。
少々、森が荒れてきましたので、人間の手でお手入れ、散髪をしてみました。

バジルの森

上記の写真が、バジルの森です。笑

花も咲いて、上に伸びるしかなくなりましたので
散髪です。

バジルを散髪バジルを整えるバジルをシェイプアップ

身なりを整える

「切ったら終わり…」そうイメージしてしまうかもしれません。
ところが、そんなこともありません。
生命力は、生きようとする力。環境次第で、その力は大きく変わってきます。
ただし、生半可ではありません。
いつ、どのようなときにその力は、強く生じるのか。

  1. 生命の危機を感じた時
  2. 平穏な日常に楽を感じた時

1)の時、生命は、生きようと絶やさぬよう命を燃やし力を発揮します。
楽に生きるのも表裏一体のようです。先に、若木に生きるものにとって、
何が先であることが、吉か。
「厳に、独り死との間際を歩き抜ける。その先に、楽がある」
このような心境でしょうか。花を咲かせ、種をつけます。
今回、一度花咲いたバジルを散髪することで、新たな芽にとって
その先は、わからぬ未知の道。
「わからない」なりに、突き進む。その日、その日にできることを重ねる。

シンプルな日常ですが、散髪という環境の変化は、日常に進化の機会をもたらします。
その時に、どう感じ、どう成長を遂げるのか。
機会か、否か。

これからの成長を見続けます。感謝

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr