環境にも自然体というバランス感覚

桃太郎のトマト苗

また、今日から雨ですね。
恵みの雨ですか?笑

桃太郎(トマト)の苗です。

力をつけさせています。
かわいそうにも見えるけど、我慢、我慢。

厳しい環境の中にある

まさに、「グニャ」っと弱ったような素振りを見ることができます。
ほんとうに、弱っているのか、
目に見えない土の環境内で、生きようと根を動かしているかもしれません。

見極める

これ以上いくと、立ち上がれなくなる線。
この線までは、なんとか大丈夫。っとただ、苗を見ているわけでもなく
その日の自然環境を見るというか、感じています。

渇きに渇いたトマトの苗たち

例えば、今日は、雨が降っています。
空気が湿り、その湿った空気が、自然と与えられるのです。
自然と少しずつ。満たされない状態が、続くのです。

頂点に行き着かない

頂点に行きたいけど、行きつかない。
頂点にたどり着いてしまうと・・・どうなるか。
下るだけ・・・↓
再び、立ち上がることができるのか?

一度、折れるとなかなか、困難

自然環境を見ながら、体感しながら、苗を植え
少しでも自然体で、成長できるような力強さを身に付けさせます。

個々の自然体が、自発力を高める

成長力(スピード)も同様。
自然体が一番

自然の変化を感じながら、それとなく自然の一部として、
自然体で苗に手を加えます。
その方が、苗たちにとっても心地よいはず。笑

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr