アリッサムの開花と生き抜くための変化

小さい花が集まる

小さい花が集まり、集合体がひとつとして見えてくるアリッサム

アリッサムが開花し始める

3種類の色があります

濃い紫色のアリッサム9cmポットのアリッサムの花

小さいお花

ひとつ、一つしっかりと咲いています。
十時花園にある色は、現在この3つ

  • 白色
  • 紫色
  • ピンク色

パンジーもポットに移しましたが、これはもう少し成長が必要です。

開花時の気持ち

日々、生きもの、植物たちを目の前にしています。
そこにあるのは、日々の変化。「目で見てわからない」
そんな日もあるかもしれませんが、「見えない所で、変化している」
それが当たり前。その集中と動きが、花の開花にたどり着きます。
植物たちも生きもの

生き抜くための変化を続ける

一生、変化を日々続け、花を咲かせ、次世代に委ねる(種を生む)。

雨の日、風の日、水が不足している日、どんな日が来ようとも「次を重ねています」
見事に咲く、元気いっぱいに咲くための「環境づくり」
自然、周囲を含め、環境が生かします。
特に植物は、多大に影響を与えます。
人間は、その点贅沢。環境を選ぶことができます。笑 と考えるとどれだけ自由か。
その分、力を発揮できる場所は、多大にあります。

アリッサム、開花中です。
お立ち寄りくださ~い!
十時花園アクセス

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr