その時季にある旬と対話する

恵みの雨

雨が、続き過ぎると…

晴れ間が、続き過ぎると..
まあ、我々は都合の良いように思い、思っては、願います。笑
自由人

混沌とあるのは、自然と向合えていないことからなのかもしれません。
自然は、自然だと対立といきるのか、自然と共にいきるのか。

自然の営み2017

個々に在る旬

どう観て、どう接するか

何月だから、こうする
この品種だから、こうする
名前でも、値でも、ない…目の前にあるものは、いきもの。物ではない。

わかっていることは、そこに生命があるということ
全て異なるいきもの。ただ、個性、習慣に特徴があるわけです

どこで、どのような環境で生活(いきる)するのか?

全て異なるわけです。こたえは、あるけど、ない。笑

いつ、なぜ、どこで、どのような雨風が…なんて、わかり得ないこと
また、限りのないところにある、そのひと、いきもののこたえ

2017年キュウリの苗

2017年キュウリ苗

やってみる

やってみないとわからない
ひとから、周囲から色々とご指導を頂いていても
自然と残りません。なぜでしょうね。実感、体感には、なぜか残る…。

まっ、それらもひと・いきものそれぞれに

対話できると嬉しいのに…っと

一番、素直に聴き入れてくれるんですけどね。ほんと(自然)は

とても厳しいですけどね..笑

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr