新天地で生き抜くため強い苗に鍛える

2012年キュウリ苗

生き抜く力を身につけさせる

ハウス内から外に出ると「環境が大きく変化」します。
朝は、寒く、日中は、暑く、夕方夜には冷え込みます。
まだ、外気は寒い時期がやってきています。
この変化についていけるか?生き抜いていけれるか?

人間に例えると、寒いと上着を着ますよね。
苗たちは、どのようにして対処するのでしょうか?

人間、我々が手を加えてあげなければ、生きにくくなる一方です。
子供と一緒。「ガツン」と一度でも大きなダメージを受けると縮こまります。
そして、その一度の傷が大きく、自らはい上がっていくというパワーが
弱くなるのです。

今のうちに、強く苗を鍛える

根に生きる力をつける

生きる力は、厳しい環境に生まれる

この写真、見てわかるでしょ?
「み、水!」と発信しています。
でも、簡単には与えません。
このとき、苗たちは、必死に生きようとするのです。
言いかえると「根を動かす」のです。そう、生きるために。

ただただ、水を切らすという話ではなく、日々の会話が不可欠。
それと自然環境と並走させています。
ハウスであって、ハウスでない。

  • ひとつ、ひとつ目を掛ける
  • ひとつひとつ、水を与える

水を与えるだけでも、「10年」
量の調整、与える/与えないなど見て、見極める経験値の目安。
早い人もいるだろうけどね。「どれだけ見たか」

ハウスの外、新天地に行っても「強く生きる」ために、厳しく育てています。

ぜひぜひ、手にとって体感してみてください。
来月5月6日まで、「おおいた人とみどりふれあいいち」にて、行平園芸さんが
ウチの野菜苗を販売しています。
場所は、平和市民公園 多目的広場(大分市萩原緑町)

よろしくお願いいたします。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr