ロケットストーブを作る

ロケットストーブで暖まるロケットストーブを囲む

昨日のお友達「俚楽の郷の陶芸仲間とピザ体験」が来ていた時に
寒いから急きょ作ったものをご紹介

ロケットストーブで暖まる

材料集めから、完成まで約30分。
碧い海の会さんから得た知恵です。
現在被災地でも使われている知恵。
名前がロケットストーブ。アメリカから来たとか。

材料はバケツとパイプ切り取る火をつける

必要な材料は、バケツとパイプ(L型と真っすぐ型)、断熱材(土で良い)。
基本的にこれだけ、あとは写真の通り切り取りパイプを差し込み、
断熱材となる土を入れるだけ。

火力が強いロケットストーブ

たった一つだけですが、広範囲が暖かくなりました。
これ使える。「みなさん、欲しい、欲しいっ」て言われてました。笑
材料と道具(切るもの)さえあれば、誰でもできます。簡単。
これからの時期、いいですよ。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr