ロケットストーブで暖める

ロケットストーブで暖める

ロケットストーブで暖をとる

もう3~4回ほど活躍しているロケットストーブ

一度、竹屋根ハウスを暖めておくだけで全然違います。
どこでどうやって火を入れるのか?
↓の写真が参考になると思います。

点火口は、ここから

渇いた竹を使います。
ここでの一つ注意する点があります!

灰を取ること

この構造は、「L型のパイプ」が缶の中を通っています。
なので、横側から竹を差し込むわけですが、竹が燃え尽きると灰が出ます。
その灰が溜まり過ぎると空気が通過しないため
燃えにくくなります。そのため、燃焼後の灰を取り出す作業が必要です。

詰め過ぎないように

なので、あまり詰め過ぎないようにしてください。
詰め過ぎると灰を取るのも、竹を加える事もできなくなります。
やってみるとわかります。挑戦、挑戦

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr