再生土で小松菜を栽培

以前「穴無し発泡スチロールプランターで栽培」と言って、ご紹介した時に使用した土を
再び利用して、小松菜を植えていました。
先日、芽が出てきました。

再生土で小松菜を栽培

一度使用した土を再び使うため、ウチでは再生土と言っています。
そう、名前は、いたってそのまんま。

ウチでは、基本的に捨てるモノはありません。
根が栄養を吸収していくため、その根を捨てると「もったいない」ので、
再び使用しています。

ニチニチソウの根

使用方法は、土壌の土に混ぜ込んだり、今回のように再生土として
使う事もあります。
今回は、実験を含めて穴無し発泡スチロールと再生土を使用したプランターに、
種を植え、発芽させることができました。

どれだけ成長していくのかは、これから公開していきますね。

このようなサイズであれば、ご自宅のベランダ菜園にも十分使えます。
来月11月に行う「園芸教室」では、
こんなプランターを使用するのも良いかもしれませんね。
園芸教室のご案内

皆さん、ぜひぜひ遊びにきて下さい。

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr