陶器プランターで千日紅を栽培

陶器プランター

って、陶器教室で習い作ってきたものをプランターとして活用います。
千日紅を植え栽培しています。
陶器なので、穴も無いわけですが、これがここのスタイル。笑

姿勢がなんとも…うん

千日紅の姿勢

千日紅の姿勢

高さでいうとどれくらいでしょうか。
約1mから1.3mぐらいでしょうかね。
かなり大雑把ですが、気持ちのいいものです。

千日紅の横顔千日紅の表情

姿勢にある背骨

筋がどこかにあるのでしょうね。
背中と同じ、ピンとはること?凛とした姿。
どこか「おっ」と感じるのは、いったいなぜでしょうか。
そこにあるのは、姿のみ。
実に、不思議なものです。どこからその姿勢は、生まれてくるのでしょうか。
自分自身で試みてみると、「グッと」背中に意識してみると立ちます。
これは、わかります。あれ、意識しないと立たないのか…

無意識に至るまでの習慣。日々の過ごし方。

そこに特別に得る為の目的があるわけでもなく、ただそうありたい。
それが植物たちの生き方でしょうか。
進化?変化?を帯びる「あたりまえの基準」
良し悪しでなく、個々にある基準。
自然の習慣、自然体である自身がどうありたいかの基準?笑
美しくありたい。観ていて気持ちがいいから。
うん、いい…ね。特段ありません。笑

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr