苗をプランターに移植するときの方法

苗を移植するためのコツ

ウチでは、定番の手順。
これでないと手間がかかって大変

そうそう、広い作業台は、とても大事。

丸いプランターに苗を移植

良く使っている丸プランター
ここに苗を3つ移植します。
底には、くん炭
その上に、黒土の力がくるのですが
埋めてしまわないようにしています。
後から、スコップや手で、苗を植える為の穴掘りは、時間がかかって
安定しません。

空き瓶をセットする

空き瓶をセットする

空き瓶をセットしたら、土を程よい高さまで盛ります。

黒土を盛る

黒土を十分盛ったら、丁寧に土を間引きます。
ブラシを使うと良いです。お好みで!

黒土を盛った後の手入れ空き瓶を抜き取る

次に、空き瓶を抜き取ります。

抜き取ったら空間ができているので、そこに苗を移植します。

空き瓶を抜き取った後

空き瓶を抜き取ると空間ができます。
そこにスッポリ苗をはめ込みます。ぎゅ~っつと押し込みます。

ニチニチソウの這性タイプ

これ、ニチニチソウ。以前お話した這性の種類
生きものにある性格 立ち性と這性(はいせい)

以前、竹プランターに移植するときに紹介したものがあったので、ご紹介↓
懐かしい。2010年の12月か~
育苗ポットをプランターや鉢へ移植する方法7ステップ

苗の移植完了

移植作業の完了

うん、色々書いたけど、空き瓶を見つけて、使えば、それでオッケー。
簡単だからお試しください。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr