地どり卵と烏滑稽のたまご

地どり卵と烏滑稽

生んでくれれば、こちらで販売しています。笑

隆治が担当している たまご
餌やり、お世話をしています。

ご機嫌が、悪くて生んでくれなければ
ありませんので、その時はすみません。笑
予測できません。

写真を見てわかるように、左側のひとまわり大きいサイズが、地どり。
右側の小さい方が、烏滑稽。

生まれたばかりの烏滑稽

生まれて間もない烏滑稽たち。
新しい鶏小屋に入居されました。
ようこそ、ようこそ。
まだまだ、若いので生むのは、もう少したってから。
元気に成長してほしいです。

地どり卵、写真を良く見て頂くとわかりますか~?
ひとつだけ、アタリが、あります。笑

ひとまわり、大きいんです。
なぜか?
わかりません。元気がありあまっていた?

時より、黄身が2つ入っていたりします。

たま~に、あるんです。

生む時と生まない時

「あれ~、今回生んでいない・・・」なんで?
あら、今回は、良く生んでる。う~ん。

わからないことがある

「いっぱい生んでほしい」は、こっちの都合
色々混ぜて、「そうさせようと」しても、後に困る。多分。
ニワトリたちも、我々と同じ、生きもの。
自然のリズムを壊すと、どこかに影響が出てくる。
自然体で、それなりの工夫であれば元気な卵を産んでくれそう。

しかし、雨は、降ったり、止んだり、忙しい ですね~。
暑さが、じわり、じわりと近寄ってきています・・・。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr