野菜苗を栽培する際の霜対策

苗を畑に植える際に、気をつけることは時期です。
寒さに負けるため、成長が止まってしまいます。

そのため早く植える方は、苗のために霜よけ対策をしてください。

下記にご紹介する内容は、参考程度です。
自然、身の回りにあるものを上手く有効活用してください。

時期は、基本的に自然を見ながらですが、5月10日頃まででしょうか。
ご自身の環境次第です。

ナス苗の霜対策支え棒

ここでは、すぐ横にあったポールを使いました。笑
山にある竹でも木々でも、何でもよいです。

霜よけ対策ビニールに囲まれたナス苗

霜にやられるとね、ダメージが大きいからほんと注意してください。

cover

最後は、上部を覆います。
覆えば新聞など何でもよいですが、風で飛ばされないように工夫して下さい。

一つひとつ手間ですが、やってあげないと苗がかわいそうです。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr