鵜滑稽も冬は冬なりに

鵜滑稽たちの定位置

厳しい寒さ

上の写真は、鵜滑稽が卵をうみやすいようにと設けたもの
ちゃんとそこに丸くなり座ってくれています。

「はい、ちょっとどいてくださいね・・・」

冬は、冬らしく

冬らしい数でしょ

こんなものです。冬です。
人間とは違い、暖かい環境で過ごす時間があるわけでもありません。
寒い中でも生き続けるために、力を蓄えます。
この寒い中外で、一日過ごすことを想像するだけでも・・・ねっ。
厳しさを感じることができます。

冬に生きる鵜滑稽たち

今年も元気にすくすくと育ってほしいです!

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr