地と共生し野生を生む黒土の力

野生が生きる黒土の力

野生に生きる紫草

この地で生活し始めて数年が経過しています。
紫草の未知数は、魅力として高まるばかりです。
「自然とは、や自然の力」を感じさせてくれる紫草。
当初この地に、植え育ち始めたころに比べると”別人”。

不思議と空気が止まる感覚。なんとも表現し難いところです。

紫草と野生

自然が生む野生

なぜ、野生と感じるのか。
まったくもって、1つとして同じでない姿がそこにあります。
個性が生きている生き方、育ち方をしています。
なぜって、なぜでしょうか。う~ん、紫草

野生の力の支えとなっているのでしょうか。
地を見てみるとよくわかるのですが、人間との共生部分は、ほんの一部かもしれません。
適応する力、生き抜く力は、紫草自身
そこから生まれてくる多様な表情。あれ、これ、種類が違うのと違うか?と感じるも
予測がつかない動きをする植物

野生とは。辞書で調べてみました。「動植物が自然に山野で生育すること。自然のままに。」
我々も同じ。動植物を通じ、野生を感じてみると面白いかもしれません。
ゴチャゴチャ脳みそで考えるのではなく、自然体を感じてみる。

このような世界に出逢えるとは、ありがたい。感謝

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr