室内にペットボトルと水菜と黒土の力

日常を楽しむ

身近にあるもので栽培を楽しむ。

ペットボトル、周囲を見てみるとペットボトルだらけ。
そんなことありませんか?
身の回りをみてみたときに、その存在をどう受け止めるか。
ゴミと感じるのか。宝と感じるのか。

受け止め方次第

受け止め方次第で、事は大きく変化します。
些細なことではありますが、その細微の変化がきっかけを生むことができるのです。
可能性を秘めているのです。受け止め方をほんの少し変えるだけのこと。
それは対象をモノだけにとらわれるのではなく、植物や人間も同じです。

ペットボトルと水菜と黒土

食卓菜園

もっとも身近なところにある食卓
これはうちのお茶のみ場にあるまあ食卓みたいなもの
その上にポンと置いて栽培しています。まあ、元気なものです。
日光は横から窓を通じて差し込む程度ですが、それでも十分。
ペットボトルの底は、そのまま。ペットボトル自体の底を切って再利用しているだけです。
特別な工夫は一切ありません。あるとすれば、手を切らないように、切り口を丸くするぐらいです。
紐を通して、ぶら下げることもできますね。
使いましょう。身の回りにある宝を…

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr