ブログ

どこかしら容姿に映る自然美

目が合いました。右目か…っとこっちが見られている感との出逢い 言葉ではない感話 色々と多過ぎて、あり過ぎているのですかね普段に千歳町を散歩して茜川を歩いているとそこに居るカモたち。いつも近寄り目に入ると瞬間に …...

» 続きを読む

あたたかく野菜苗に水やり

ハウス内にハウスのハウス…笑 外の環境は、ご察しの通りこれからやってくる時季に向けて、野菜苗の成長を見守ります。まあ、この加減がなんとも自然との対話続きまっ、これだけに限りませんが、常に対話が、自然ですね。 …...

» 続きを読む

遠くはぼやけ足元にある春

遠く雄大に眺め、未来に抱くと気持ちも放たれます。そこに自然と導かれるもその場には、居られず、ここそうこの今の足元に居ます「足元がお留守でいないか」 あれこれそれ… で… それから… 日 …...

» 続きを読む

ポット苗に移植する時季

この時季から徐々に…ニチニチソウやナスが発芽して丁度良い移植の時季になりました。 ハウス内を行き来するので、温度の差が激しいんです。ハウスの外に出ることで「あ〜涼しい」と感じてしまうほどなので、氣をつけておか …...

» 続きを読む

自然体を匂う

芽が出てきました より自然体にある状態が発育を調えるのでしょうね。土壌環境 心地が良いのでしょうね。個々は、個々に良い状態を見つけるのでしょうか。 この通り より自然環境にある居場所の方が、健やかに成長しています。 自然 …...

» 続きを読む

雨に洗い調える時季

九州大分では、雨が久しぶりに、雨の日として降っています。雨もそうですが、音でしょうか。音を感じる 時間 自然と身の動きが、身の回りにとどまる訳ではないけれど、身の回りにある、できることを…と「外に、外へ」とは …...

» 続きを読む

地から空に舞う

「お天道様がみてるよ…」 今では、もうきかない、届かない言葉にあるのかもしれません。その昔は、「はっ」「あっ」っと氣をつけようとしていました。なぜでしょうかね。 地で舞う 恥じらい 自然と自然に、生きる美学が …...

» 続きを読む

室内に咲く花々と野菜

室内で土に戯れている知人から一枚 室内栽培 え〜っと、これらは…っと ノースボール シクラメン ビオラ(なぜか、ひと苗に2色) 水菜 ナデシコ プランター 和紙プランター ポット 空き瓶 陶器 なんでもありで …...

» 続きを読む

季節に触れる

冷えますね 県北の方では、雪もあるとか。遠いところ山々もそうですが、眺めると冬を感じられます。足元の身近は、どうかと。眺めてみると 季節の顔 どの季節かは、個々それぞれにあるようです 「あっ、春だ!」「まだ、冬だR …...

» 続きを読む

間もなくの季節に彩る

気温が下がってはいるようで、それほど以前と差もないような感じにも数値で度数は変わっていますが、感覚が追いついていないのか、そうかな?っと。間もなく来るであろう春に保温されているのか。どうなのか。 自然に、春への準備をと土 …...

» 続きを読む

春風に立つ新たな産毛

九州は大分。昨日、日中の温度が20度近く夜は、風が強まり、豪雨に稲光四季というよりも時代を映す自然のようにありますなんとも穏やかでない姿は、はてなんとやら 自然に在る その中でも、それらしく在り続ける自然、植物たち。「ん …...

» 続きを読む

春に漂うビオラ色

昨日と変わって、お天気がやや斜め気温は高いそうな… こういう天気は、部屋が暗いので明るくしてあげます。 こんなふうに 「花が咲いた…」見る側からすると一瞬のことところが、花側からすると「パッとには …...

» 続きを読む
  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr