紫草(ムラサキ)の紫根(しこん)を見る

紫草をポットへ移植栽培してから、2〜3週間でしょうか。
根の部分、紫根(しこん)と言います。少し覗いてみました!

紫草(ムラサキ)が、何のこっちゃわからない方は、下記のページをご覧ください。
万葉の花紫草(ムラサキ)を栽培する土

紫根は、うん。順調ということにしておこう。
紫根は、昔から薬として使われていて、紫雲膏(しうんこう)といって、
肌のやけどや乾燥に使っていました。

  • 解毒
  • やけど
  • 凍傷
  • 解熱

調べてみるとアンチエイジングとかあった。笑

紫草(ムラサキ)と向き合う紫草の根 紫根の様子

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr