紫草でつながる縁の糸

紫草の花の降る日に

小原くんが、夕方ぽっと来た。
大分市〜九重町〜久住〜竹田〜豊後大野〜千歳町と走ってきたらしい。
あっ、車で。笑

と、いうのも以前紹介した「紫草の花の降る日に」という公演を見てから、
すぐに来てくれた。

小原君の感想は、実に面白かった「十時さん、似過ぎです。」笑
どうやら、話がウチのとソックリらしい。ほんと面白いわ。
九重町民劇場、スタッフの皆様、伺えずすみませんでした。
ここ大分地元でこのような劇が生まれ、行われた事に嬉しく思います。
これも何かの縁でしょうか?

紫草の花の降る日に

パンフレット読まさせて頂きました。
九重町長さんの言葉が、素敵でした。「自然との共生のまちづくり」
言葉自体は、多々出逢いますが「紫草を通し」そのように感じられることが素晴らしく
「九重町らしさ」を感じました。

どう生きるか

台詞にあったと聞きました。
現実もありますが、自然と向き合った時に感じ得られるものがあります。
紫草の心、生き方を通じ、我々も学ぶべき事が多々あります。
新たな出逢いでした。ありがとうございました。

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

2 Responses to 紫草でつながる縁の糸

  1. ぐっさん says:

    九重町民劇場の“ぐっさん”です。
    昨日昼夜2回の公演に、無事に幕を降ろすことができました。

    昼の部の公演前に、小原さんとも名刺交換することができ、
    また、劇団代表と脚本家にお引き合わせもできました。

    これも本当に紫草でつながったご縁だと思います。
    たいへんありがとうございました。

    • totoki says:

      こちらこそ有難うございました。小原君から名刺を頂きました。
      私の名刺をきらしてて、すみません。
      そうそう、来月11日(日曜日)ですが、ここであぜみちコンサートを行います。
      遠出になりますが、よろしければ遊びにきて下さい。小原君も来ると思います。
      詳細は、ブログ内の「第14回あぜみちコンサートの開催」にあります。
      今は、その準備で色々と動いています。笑

      お近くを通られる事があれば、いつでもお立ち寄り下さい。
      中九州道の千歳IC(今は無料です)から5分です。
      ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr