紫草の永久(とわ)

紫草の”とわ”とは、

思考しきれない…つかもうにもつかめない
宇宙空間のような世界がそこにあります
わかっていることは、育まれているということ

なぜ、高貴な色としてその時代に生きて来られていたのか
万葉から、薬草、病に寄り添い、年貢ともなる代物…
いったい何がそうさせていたのでしょうか

紫草永久

わからない…

「わからない」からこそ、「自身を生きなさい」っと

どこかに、魅せられる素振りは、その励ましでしょうか
また、一方のみにない、その反面も匂わせます。
酔い過ぎると、おふざけが過ぎる振舞いに…表裏一体の一面をみせます。

写す鏡のような生き方

誰にもみえない、その方のみの世界が写し出されます。

紫根2016

永久に

そうあり続けられるように、自然にそうあることで、
自然と育まれていくのかもしれません。
これからも、この先も、永久に

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr