動きやすい土環境ほど成長↑

動きやすい土

「動きやすい土?」

いったいなんでしょうか?
根にとっての居心地を考えると・・・
今のところ行き着いた先が、黒土の力
「黒土であればいい」そういうわけでもないので、ご注意ください。
「扱いやすいように」それが、黒土の力
皆さんのお手元に届くまでに、自然環境を通じ、腐葉土を踏まえると5年間・・・近く。
その分のエネルギーが、大きな力となっています。
想像し難いですよね。

動きやすい土

根が根を食べる

上記の写真。綿ではありません。笑
根です。きれいでしょ。
新しい動きが目に見えます。一時すると根が年をとり、栄養を吸収します。
その間にも新しい根が生まれてきます。そして、その根は、古い根を吸収します。
生きるための連鎖が生まれています。

動く根

空を見上げると「伸びよ、生きよ」と光を大地に注ぐ太陽
周囲を見回すとその熱をふわっとやわらげるような風
あとは、大地に根付く、強く踏み出すための土とのバランス

それと我々の愛情

共存する上で、我々の手があるのとないのとでは、大分違います。
些細なことですが、我々も一部。共存する上では、欠かすことのできない役割があります。
力む必要はありません。
共に歩くだけ。春間近ですね。
感謝

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr