ハウスと夜明かりとの生活

雨降りの一日

ハウスに夜明かり…夜の明かり戻ってきました。

ハウスと夜明かり

程よい明かり

空間と場所に、光る明かりに、いきてほしいなあ〜っと
それは、個々にあるやってみたいことに「出逢う」ことなのかと。

耳にする「…してほしい」は、時に、自身の実から離れてはいないものかと
感じるときがあります。

ステージと明かり

「やってみたい」「行きたい」
動機は、「その気」。「その時」との出逢い
その瞬間との出逢い。

自然と自分にないモノとの出逢いは、「求める」気持ちとの遭遇
その求める気持ちは、時代にプツプツと途切れがちにあるように…感じます。
継続性のこと。それは、「求める気持ち」、「求められない」時が、
その気を削ぐのかもしれません。

調和のある生活

自身に、個があり、調え、その横に、周囲との生活があります
どう在りたいかが、自然に立ち、生きる土台にあり、
周囲との生命を肌に感じ、個々の花々が
その調和を保ち続けられるのかもしれません。

ハウスとお店

ハウスとお店

いらっしゃいませ…笑

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr