道具の扱い

これまた、暑くなりそうなお天気です
地面についていない風は、軽く程よいのですが
地面に触れた風は、なんとも…大地の熱気でしょうかね。

道具を扱う

手探り

やってみる

自分に合うもの、合わないもの…あると思います。
全てが合うということは、さほどなく、今は合う様、合わせられるように
作られ、形成された道具が多くあるようにも思います。

丁度良い塩梅を探り、身体に覚えることで、身体との調節があるのではないかと。
現代は、合うものや合いそうなものを「探し-買う」が
どちらかというと普通の選択かもしれませんね。
情報も世界から拾える時代ですからね。それも道具のひとつ。

手づくりの振るい

溶接道具を手に入れたので、「振るい」を作成
大きいですよね。笑

「使える道具」
自分の使う道具ですから、使えることが前提
使えない事が、わかるのも やってみて からわかることです
色々と幾度と手をかえ品を変えやってみると、
またその次に自然といかされているようです。

やってみる

栽培も…道具も…
それでも上手くいかないことも、それがあってこその次へと…

この記事を読んだ方は、こちらも読んでいます!:

Posted in ニュース and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 十時花園のテーマソング

  • 十時花園の写真

    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr
    A photo on Flickr